いつかやりたかった資産運用

FXをするうえで知っておきたいチャート。

FXで売買をするタイミングを決める指標として非常に参考になるのが、”チャート”と呼ばれる、とても基礎になるものです。
ワード自体は聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。
特に投資初心者の方にとってはチャート分析(ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析)などは専門性が高く現段階ではまだ内容が理解できていないという方も多いでしょう。
そこで、まずはチャートそのものについて詳しく知っておくことをおすすめします。

チャートとは、過去の為替レートの値動きを
・価格
・時間
を軸としてグラフ化したものです。
チャートは口座を開設しているFX業者のホームページを見れば掲載されています。
グラフ化することのメリットとしては、一番は”可視化”できることが挙げられるでしょう。
ただ数字を羅列しているものを見ても数字の上がり下がりということは脳内で処理しにくいものです。
それがグラフになることで見た目で上がっていることや下がっていることがわかるので、一気に相場の流れがつかめるようになります。
また、このチャートをもとに今後の値動きを予測することもでき、取引のタイミングを決める大きなカギになると言えるでしょう。

チャートは一種類ではなくさまざまなタイプのものがあります。
最もメジャーで一般的なものが、”ローソク足”という形状のもの。
形がローソクに似ていることから命名されたローソク足は、日本人の本間宗久によって発案され、現在は世界中のヘッジファンドや個人投資家の間でもローソク足チャートを中心軸に置いた取引をしていると言われています。

ローソク足を見て分かるのは、
・始値
・終値
・高値
・低値
の4つの値段です。
しかも始値よりも終値が高かった場合のローソク足は陽線といい白い四角、始値よりも終値が安かった場合のローソク足は陰線といい黒い四角で表されていることも特徴。
ローソク足にもいろいろな形があるので覚えるのが大変ですが、どのFX業者もこのローソク足を用いたチャートを使用していますので、ぜひ読み方を覚えてみてください。

7月 25th, 2016

MACDはどんな分析方法?

チャート分析のための指標のひとつに、「テクニカル分析」があります。
要は投資で利益を上げるために相場の上下に根拠を見出すという手法と言えるでしょう。
テクニカル分析にはさまざまな種類がありますが、本項では”MACD”について記載していきます。

MACD(マックディ)とは、”Moving Average Convergence / Divergence Trading Method”の頭文字をとったものです。
と言っても英語が得意な方以外はピンとこないことでしょう。
日本語に直すと、”移動平均収束拡散手法”となります。
これも投資に詳しい方以外は何のことやら?という感じではないでしょうか。

概要としては、移動平均線に用いられる単純平均よりも、直近の値動きに重点を置いている平滑平均線の短期と長期の差を指します。
移動平均線・・・当日よりさかのぼった一定期間の終値の平均値を一日ずつずらしてグラフ化したもの。
        株価の動きに連動性があるのかを確認することができます。
平滑平均線・・・移動平均線と比べると過去というよりは今に近い期間の値動きの終値の平均線です。

移動平均線はあくまで過去の値動きを見て今後を予想するということにとどまりますが、MACDなら最近の値動きが把握できるのでその影響度は高くなります。
売買タイミングをより早くつかむことに優れているでしょう。

ややこしく感じるかもしれませんが、MACDは株価のトレンドと売買のタイミングが両方いっぺんに把握できる非常に便利な指標であるということだけでも覚えておくとよいと思います。
プロの投資家はMACDを用いた投資を日常的に行っていますので、利益を上げるための手法としてとても重要な立ち位置であるということもお分かりいただけるのではないでしょうか。
その証拠に、さまざまなトレーダーのブログでMACDを活用したチャート分析が頻繁に登場しているので、ご興味がある方はぜひ検索してみてください。

MACDは外国為替証拠金取引(FX)などにも応用することができますので、有利に投資を進めていきたい方は理解を深めてみましょう。

7月 7th, 2016

インデックス投資に興味のある方におすすめのサイトです。

投資に興味があるけれど資金が少なかったり、忙しくて時間がなかったり、リスクをできるだけ抑えたい方は低コストで分散投資ができるインデックス投資を始めてみませんか。

インデックス投資について詳しくはこちらのお役立ち情報サイト「不器用な人のための投資」が参考になります。

インデックス投資は日経平均株価(日経225)や東証株価指数(TOPIX)などの株価指数の動きと連動する投資方法です。日経平均株価が5パーセント上昇すれば、資産も5パーセント上昇する仕組みになっています。上手な運用には株価の移動平均線の読み方がポイントになります。インデックスですが、先述したような平均株価以外にも、不動産、商品、債券など、世界には1万種類以上ものインデックスがあります。

こちらの「不器用な人のための投資」はインデックス投資の入門編です。もう少し詳しく勉強してみたい方、投資家を目ざしている方、インデックス投資や株式全般に関して疑問がある方は、ご紹介する上級者向け情報サイト「インデックス投資.com」を覗いてみませんか。経験豊富な投資家の方がわかりやすく説明しています。

上級編ではインデックス投資の基礎知識、インデックス投資が注目されている理由、株価指数に投資する方法、複利運用、長期運用、分散運用などの投資方法などを紹介しています。インデックス投資で収益を得ている複数の投資家の体験談が掲載されているので参考になります。

これから投資信託を本格的に始めたい方は、入門編の情報サイト「不器用な人のための投資」でインデックスの基本知識を身に付けましょう。株価の移動平均線の読み方など実践ですぐに役立つ投資方法を勉強したい方は、上級編「インデックス投資.com」がおすすめです。こちらのサイト「不器用な人のための投資」から直接アクセス可能です。

株取引の初心者はもちろん、リスクを抑えた投資方法を探している方は、少ない資本で分散投資ができる投資信託から始めてみてはいかがでしょうか。トレーダーがおすすめする運用商品から選んでみましょう。

6月 28th, 2016

株式投資ではローソク足パターンを見逃すな!

株式投資でできるだけ損失を減らして利益を得る方法。
これは何かご存知でしょうか?
企業業績が良いところの株を購入する・価格の値動きをよく見て予想を立てる。
様々な方法があります。

そうは言っても、必ず損失が出ないかと言えばそれは違います。
株式投資を行っていれば、少なからず損失が出てしまうことはあるでしょう。
時には資本金よりも大きな損失を出してしまうかもしれません。

要するに株式投資で重要なことは、損失を出さないことではありません。
損失を出すリスクをできるだけ減らすこと。ではないかと思います。

では、損失のリスクを減らすためには何をすればいいのか?
まずは価格相場のローソク足パターンを見逃さないようにしましょう。

ローソク足とは、その日の始値・終値・高値・安値の4つをローソクのように四角い形であらわすものです。
まさにローソクの形に似ていることから、この名前が付けられたと言われています。
毎日相場に現れるローソク足。数日間まとめて見ると、あるパターンが現れることがあります。
実はこのパターンは、インターネットサイトなどでも解説されているくらい、認知度が高いものです。
例えばローソク足が下落して窓を3つ作ったときには、これ以上下がらないと予想して買うパターン。
逆にこの形で上昇していれば、売るパターン。
このように、ローソク足のパターンを良く見ていれば、売買のタイミングをうまくつかむことができるのです。

このパターンについてはいくつもありますし、まずローソク足についても様々な形があります。
ここで全てを事細かく書くことは難しいので、興味がある方はぜひ調べてみることをおすすめします。

また、注意してほしいのが、どのチャートを見てもパターン通りに相場が動くことは稀です。
出てくるときもありますが、それはかなりラッキーだと思った方がいいでしょう。
ただし、似たようなパターンが出てくることがよくありますので、なんとなく知っているパターンと似ているものがでてきたら、行動に移すのもいいでしょう。

また、ローソク足を見るだけでなく、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析なども活用すること。
これが株式投資で損失を出すリスクを減らす方法だと思います。
ひとつの要素だけを取り入れるのは、投資では失敗することもありますので注意してください。

6月 20th, 2016

初心者が疑問に感じている資産運用のアレコレ

資産運用という言葉に、どのようなイメージをお持ちでしょうか。
「お金が余っている人がやるもの」「数千万円の資金がないと駄目なもの」「年配の方がやる物」
このようなイメージを持っていませんか?

確かに一昔前までは、そうであったかもしれません。
しかし、今では主婦がパートに出るような感覚で行っている人もいるのです。
学生や社会人が副業として行っていたり、本業のトレーダーも20歳そこそこの若者だっています。

そうです。今では資産運用は「誰でも始められるもの」という認識に変わりつつあります。
言われてみれば、芸能人でも株式投資やFXで利益を出して、それをテレビで取り上げていることもありますよね。

「誰でもできる」と言われても、初心者には全く未知の世界。
疑問に感じていることはたくさんあるでしょう。

そこで、簡単に資産運用についてまとめてみようと思います。
資産運用とは、持っているお金を何か違う物に変えて、それで利益を得て資産を増やすものです。
例えばFXや株式投資、不動産運用などが挙げられます。
FXは外国の通貨を売買して、その差額を得るもの。
株式投資は、対象が株になっただけでFXと同じものです。
不動産運用は、アパートやビルの大家になって家賃収入を得るなどの方法があります。
特に資格なども要りませんので、投資する現金があれば始めることができます。

では、資産の少ない人でも資産運用は始められるのか?
答えは「YES」です。
確かに現金はできるだけ多い方が、その分投資に回せる金額も大きくなり利益も増やすことができます。
しかし、最近ではCFD(差金決済取引)や投信信託などもありますので、少額の資本金でも始めることができます。
特に投信信託に関しては、多くの物が1万円程度から購入できます。
場合によっては1000円程度のものもありますので、初心者の方でまだ投資に慣れていない方にもおすすめです。

ちなみに、売買するタイミングによって、どの投資を選んでも損失を出すことは変わりありません。
FXや株式投資でもいきなり価格が下落すれば損失が出てしまいます。
損失をできるだけ出さないためには、売買を決断するまえによく分析することです。
例えば政治情勢・経済情勢などを基に今後の価格変動を予想すること。
株ならば企業業績を把握しておくこと。
また、過去の相場チャートを参考にされてもいいでしょう。

初心者の方は、投資に関して不安だらけ。
セミナーを開催していたり、サポートが充実している証券会社もありますので利用されてはいかがでしょうか。

6月 18th, 2016